- 未分類

特徴と種類

定期借地権の特徴についてお話します。

種類

従来だと土地を一度他人に貸してしまうとそれを返還してもらうのに相当な労力がかかりましたし、地主がお金を支払って立ち退いてもらうようなことも多々ありました。定期借地権ではあらかじめ期間を定め、その期間中しか借地権が及ばないようにしているという部分が最大の特徴と言えるでしょう。これによって人に土地を貸した場合正当な事由がない限り返還されないという心配がなくなったのです。土地を所有する地主からすると定期借地権は本当にありがたい存在なのです。

定期借地権の種類ですが、大きく分けて3つあります。基本的に存続期間の長さによって分けられており、事業用借地権はもっとも期間が短く10~20年と定められています。建物譲渡特約付借地権は30年以上の期間が設定されており、一般定期借地権は存続期間が50年以上となっています。このように、定期借地権の種類によって定められている期間が異なることをしっかり覚えておきましょう。現在では分譲マンションを建設して定期借地権付きで販売するといったことも行われています。定期借地権の特徴や種類についてきちんと理解し、今後のために覚えておいてください。最後に定期借地権のポイントについて説明します。

Pocket