- 未分類

定期借地権のポイント

定期借地権について未だによく理解できない、という方もおられるでしょうから、ここでは最大のポイントをいくつかご紹介します。

返してもらうまず、定期借地権だと貸した土地が必ず戻ってくるというのは最大のポイントです。従来のように貸した土地を返してもらえないということはまずありません。従来では地主にとってもっとも懸念していた部分が大きく改善されているのがポイントと言えるでしょう。また、定期借地権だと借入金なしで土地活用をすることが可能となりますし、相続税の納付対策に有利になることも知られています

所有している土地を何とかして活用したいと考えている方の中にはそのまま土地だけで貸そうと考えている方もおられるかもしれません。他人に土地を貸すにあたって定期借地権が活用できますから、まずはしっかりと定期借地権について理解する必要があります。現在では定期借地権を活用してさまざまなビジネスも行われていますし、先ほどご紹介した定期借地権付きマンションなどもその一つと言えるでしょう。近いうちに土地を誰かに貸す予定があるという方、土地の活用を検討している方は定期借地権について理解しておくことはメリットになりますからしっかり覚えておきましょう。

Pocket

- 未分類

特徴と種類

定期借地権の特徴についてお話します。

種類

従来だと土地を一度他人に貸してしまうとそれを返還してもらうのに相当な労力がかかりましたし、地主がお金を支払って立ち退いてもらうようなことも多々ありました。定期借地権ではあらかじめ期間を定め、その期間中しか借地権が及ばないようにしているという部分が最大の特徴と言えるでしょう。これによって人に土地を貸した場合正当な事由がない限り返還されないという心配がなくなったのです。土地を所有する地主からすると定期借地権は本当にありがたい存在なのです。

定期借地権の種類ですが、大きく分けて3つあります。基本的に存続期間の長さによって分けられており、事業用借地権はもっとも期間が短く10~20年と定められています。建物譲渡特約付借地権は30年以上の期間が設定されており、一般定期借地権は存続期間が50年以上となっています。このように、定期借地権の種類によって定められている期間が異なることをしっかり覚えておきましょう。現在では分譲マンションを建設して定期借地権付きで販売するといったことも行われています。定期借地権の特徴や種類についてきちんと理解し、今後のために覚えておいてください。最後に定期借地権のポイントについて説明します。

Pocket

- 未分類

定期借地権とは

普段の生活の中で定期借地権という言葉を耳にすることはまずありません。戸建て賃貸を借りた、マンションを借りたという方で聴いたことがある方もおられるかもしれませんが、基本あまり耳にすることはないでしょう。定期借地権とはあらかじめ決められた期間のみ借地権が適用されるという性質の借地権です。この定期借地権は1992年に施行された新借地借家法によって新たに認められた権利で、旧法とはさまざまな部分で違いがあります。

定期借地権もっとも違っているのは借地人の権利です。土地は一度他人に貸してしまうと半永久的に戻ってくることはない、などと言われることもありますが、これは旧法の性質をよく示していると言えるでしょう。旧法では地主よりも立場、経済的に不利になりがちな借地人に大きな権利を与えていましたから、地主が土地を返して欲しいと言っても返還してもらえないことが多々ありました。土地返還をめぐる数々のトラブルも発生しましたし、地主からの反発の声も大きくなったことから新たに借地借家法が誕生したのです。

このサイトでは、今一つ分かりにくい定期借地権についてのさまざまな情報を網羅しています。定期借地権の特徴や種類についても記載していますし、最大のポイントについても記述しています。土地を貸そうと考えている方、売買を検討している方、不動産関連の法律に詳しくなりたいと考えている方のお役に立てるような内容になっていると思いますから、該当する方はぜひ読んでください。

Pocket